logo
Home

Vrアニメ 狼と香辛料

『狼と香辛料』の小説家・支倉凍砂と日本有数のVRスタートアップ・MyDearestが組成した、VRコンテンツをコミュニケートするプロジェクト「AniVR. というお話をされて、確かにってなりました。. . ──支倉先生と言えば、僕のような30代のオタクにとって『狼と香辛料』という小説の作者というイメージが強いのですが、VR市場で活動するようになったのは何かきっかけがあるんですか? 支倉凍砂氏(以下、支倉): 年くらいだと思うのですが、理研(理化学研究所)で脳の研究をされていた藤井直敬先生が書いたVRの前身のようなSR(代替現実)システムの本『拡張する脳』を読んで「すごい!」と感じて、すぐにメールを送り体験させてもらったんです。 vrアニメ 狼と香辛料 体験してみて、「まるで『SAO』の世界じゃねえか」と、いち消費者として世に出てくるのを楽しみにしていたんですけど、全然萌え系のコンテンツが出てこなくて。これは自分で作ったほうが早そうだなと思ってVRの世界に飛び込んだのが最初のきっかけです。 ──それで飛び込めちゃうのはバイタリティがすごいですね。 支倉: 二次元のキャラに会える、というのが僕の中で大きかったんです。でも、現実はゾンビとかFPS系のゲームばかり出ていて.

9月16日(日)20時より「ニコニコ生放送」にて、特別番組「狼と香辛料VRアニメ化記念 わっちに会いに来てくりゃれ」が放送される。番組では年の配信が告知された『狼と香辛料VR』を紹介。360度動画とは異なり、世界が再現されたVR空間内を歩き回ったり、同作の. 『狼と香辛料VR』は、前作『Project LUX』に続く、二作目のVRアニメになります。 「狼と香辛料」についてはこちら 「VRアニメ」とは?. 狼と香辛料vr アートブックほかアニメ・萌えグッズが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。. 「君へ会いに、森の中へ─」 『狼と香辛料vr』はシリーズ累計400万部を超える大人気ライトノベル「狼と香辛料」を原作とした、原作制作陣完全協力によるvrアニメーション作品。プレイヤーは行商人となり、尻尾と獣耳を持つ狼神の少女「ホロ」と共に、森の中にある水車小屋で不思議な1日を体験する。. . · 任天堂の公式オンラインストア。「狼と香辛料VR2 ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。. 「狼と香辛料VR」はライトノベル「狼と香辛料」の原作者・支倉凍砂さんが主催する同人サークル「 Spicy Tails 」が年6月3日にOculus Rift・HTCVIVE・Oculus Goなどで公開する予定のVRアニメです。S.

13 hours ago vrアニメ 狼と香辛料 · ストーリー部分と、『狼と香辛料』のアニメの一部を紙芝居形式でホロたちと一緒に見られるモードも搭載. 年7月には著者が企画&シナリオを手がけるvrアニメ作品『狼と香辛料vr』の制作開始が発表され年に発売、さらに年8月29日には『狼と香辛料vr 2』の制作が発表された。. ──今後、VRアニメが普及、流行するうえでの課題とは? 支倉: なにより、ヘッドマウントディスプレイ(ゴーグル)の普及ですね。 ──VRを見るためには必須な機器ですが、値段的にまだまだお高いので手を出しにくいイメージがあります。今日の生放送でも最高品質で見ようとすると20万円くらいかかるというコメントもありましたし。 支倉: 実際そこまでするのは買わなくていいのかな、というのはありますね。見て楽しむだけならもう少しリーズナブルなもので十分です。 後、VR機器の開発は日進月歩なので来年には爆安になっているはずです(笑)。 ──品質がいいものでも10万とか15万とか、リーズナブルなものだともっと安く手に入ると。 支倉: そうですね。購入する際は自力で調べるのをやめてお店に行って相談したほうがいいと思います。開発のスピードが速くて追いかけられないので本当に。 今後の課題として、もうひとつは強いAIの出現でしょうか。現状、アニメといっしょで、VRアニメで尺を増やそうとすると予算がものすごい増えていくんですよ。ビジュアルノベルゲームだと、立ち絵さえできてしまえば、シナリオを増やしてもそこまで激しく予算は増えていきませんが、VRアニメだと純粋に尺が2倍なら予算も2倍、キャラが1人から2人になればさらに倍に増えていきます。 ──それだと必然的に、尺も長くしにくいですし、登場人物も増やしにくい、という縛りができてしまいますね。 支倉: そこをAIが自動でモーションを制作したり、ある程度簡単なやり取りは処理してくれるようになったら、コンテンツの幅がすごく広がってきます。 そもそも、VRアニメを普及させるということが古い考えなのかもしれません(笑)。全然別の何かのほうがVRに向いている可能性もあるのかなって、さっき(ねこますさんと話して)思ったので。 ──まさかの違う可能性が! たしか、『狼と香辛料』はラノベ原作のアニメだよね? 2期までやっていたはずだから、おそらく人気作品なはず。 Spicy Tailsは"VRアニメ"というコンセプトで創作を行っていて、前作の「Project LUX」はまさにその路線だった。. TVアニメ化された小説家・支倉凍砂(はせくらいすな)さんのライトノベル『狼と香辛料』が新作VRアニメとして制作決定。年初頭に配信される。新作VRアニメ『狼と香辛料VR』製作開始! シナリオは支倉凍砂書き下ろし、声優は小清水亜美さん、福山潤さんの原作アニ. 「狼と香辛料」の原作者 支倉凍砂氏の同人サークル「Spicy Tails」が製作するVRアニメーション作品です。ライトノベルを原作としてアニメやゲーム化などもされました。. PS VRのお買い得セット「PlayStation VR.

VRアニメーション「狼と香辛料VR2」のNintendo Switch版のストアページがMy Nintendo Storeとニンテンドーeショップに開設されました。発売日は年12月10日です。価格は税込2,739円です。. SpicyTailsは、VRアニメ『狼と香辛料VR2』のSteamストアページを公開しました。 本作は、アニメにもなった小説「狼と香辛料」の原作者らが中心になって開発された同作のVRアニメタイトルの続編。アニメ版と同じ声優陣での新たなVR体験が味わえます。. ニコニコ生放送『狼と香辛料VRアニメ化記念 わっちに会いに来てくりゃれ』にて、ホロがVR空間に顕現! バーチャルYouTuber・ねこますさんのお尻を叩く姿が最高にかわいかった番組の模様を画像たっぷりでリポート!. VRアニメ本編は20分くらいですが、簡単なゲーム要素のある『ふれあい』モードもあります。 攻略ってほどのものでもありませんが、廃屋の物に注目したり、ホロの頭をなでたり、じっと見たり。. See full list on originalnews. 素材ダウンロード:「狼と香辛料vr2」 記事作成にあたって、ご利用いただける素材一式です。 ・ビデオ 素材をダウンロードする ・キービジュアル 素材をダウンロードする ・スクリーンショット 素材をダウンロードする ・ロゴ 素材をダウンロードする. VRアニメ『狼と香辛料VR』BitSummit体験レポート 見た目はアニメ調のキャラクターだが、その動きに命を感じることができた by 馬淵寛昭. ちなみにいまの段階でなにかビジョンってお持ちだったりします? 支倉: 最高なのは、人間と区別がつかない強いAIを搭載したアニメキャラクターの登場ですね。物語制作者は世界観や目的を設定して、後はプレイヤー自身に好きに動いてもらう。多分それがVRアニメの進化なのかなと。.

累計発行部数420万部を超える小説を原作とし、2度のアニメ化も果たした電撃文庫の大人気シリーズ『狼と香辛料』。 本作を題材とする新作VRアニメ『狼と香辛料VR』が年にリリースされる。. VRアニメーション「狼と香辛料VR2」の Nintendo vrアニメ 狼と香辛料 Switch版のストアページ がMy Nintendo Storeとニンテンドーeショップに開設されました。 発売日は 年12月10日です。 価格は税込2,739円です。. 狼と香辛料vrとは 「二次元の中に入る!」という夢を追いかけて、シリーズ累計400万部を超える大人気ライトノベル『狼と香辛料』の世界を原作陣が集結してvrアニメーション化。. 「二次元の中に入る!」という夢を追いかけて、人気ライトノベル『狼と香辛料』の世界を、 原作陣が集結してVRアニメーション化した第二弾. なら自分でという感じでしたね。 ──そこから年にVRアニメ『Project LUX』をリリース、そして今回『狼と香辛料VR』の制作に至ったと。そもそもVRアニメという言葉がそこまで聞き慣れないものなのですが、どういったものを指す言葉なのでしょう? 支倉: 明確な定義が難しくて、便宜上そう呼んでいるというのが大きいです。ゲームではなく物語という要素が強い、というのがひとつの特徴ではあります。 実際に体験した場合、アニメというより演劇に近いかたちです。その場にいて、二次元の演劇を観るという感じですね。 ──VRアニメとはまだ明確なジャンルではないと? 支倉: そうですね。僕たち制作者側もお客さんたちもゾーニングできておらず、しっかりとわかっていない状況だと思います。 VRアニメは、ゲームともアニメとも演出が違い独特の見せかたというのがあって、それをまだ誰も確立できていないので、正直、ゲーム側からもアニメ側からも物足りなかったり、至らない点が多いかと思います。 アニメ業界の人が見れば「これはアニメとしては至っていないよね」となるし、ゲーム業界の人が見れば「これはゲームとしてちょっとどうかな」という。 ──そういう状況の中、あえて『Project LUX』、『狼と香辛料VR』の2作品でVR“アニメ”と謳ったのにはど.

vrアニメ化も発表された『狼と香辛料』の魅力とは? 年09月14日11時00分 / 提供: ニコニコニュース 年9月16日20時より、ニコニコ生放送にて 『狼と香辛料VRアニメ化記念 わっちに会いに来てくりゃれ』 が放送されます。 ──『狼と香辛料VR』の魅力を教えてください。 支倉: vrアニメ 狼と香辛料 アニメの中に入って、アニメの舞台に立てることです。視聴者はロレンス視点で動けるようになっていて、ホロの耳を触ったり、尻尾を触ったりもできて、ちょっとした反応がもらえます。 ──登場するのはホロとロレンスの2人ですか? 支倉: そうですね。声もアニメ同様、ホロを小清水亜美さん、ロレンスを福山潤さんが担当しています。 ──まさにアニメと同じ世界に入り込めるんですね、楽しみです。最後に『狼と香辛料VR』を待ち望んでいるファンの方へひと言メッセ―ジをお願いします。 支倉: ぜひVR機器を持って体験してみてください。実際触れないとわからない体験があるので、ぜひよろしくお願いします。 ●『狼と香辛料VR』公式サイト VRミステリーアドベンチャー「東京クロノス」を開発するMyDearest株式会社と「狼と香辛料シリーズ」を手がける小説家・支倉凍砂が主宰するインディーレーベルSpicyTailsが、日本とアメリカを股に掛けジャパンVRコンテンツをコミュニケートするプロジェクト『AniVR Japan』を組成したことを発表し. 「狼と香辛料VR2」はシリーズ累計400万部を超えるライトノベル「狼と香辛料」を原作としたVRアニメーション作品「狼と香辛料VR」の続編。年6月にPC向けVR版がSteam、Oculus Storeで発売。後にNintendo Switch、PlayStation 4、Oculus Quest版も発売されました。. 「狼と香辛料VR」では アニメは『見て楽しむ』から 『体験して楽しむ」に進化! ケモ耳娘ホロのしっぽに 顔をうずめてみたい人~!. 」という夢を追いかけて、人気ライトノベル『狼と香辛料』の世界を原作陣が集結してVRアニメーション化。 アニメーションは「見る」から「体験する」へと進化する―― 。 -story- 行商人のロレンスは、狼の化身である少女ホロと出会い、旅をしていた。. SpicyTailsは、VRアニメーション『狼と香辛料VR』の発売日を当初の年4月から延期し. こんにちは、ばとです。今回は狼と香辛料vrについて書いていこうと思います。 プレイしたのはもう1年近く前ですが、今回記事を投稿するにあたり改めてプレイしてみました。2週目のプレイですが時間を空けると、改めてホロの可愛さに癒されます。. ──年初頭からバーチャルYouTuberが大流行していて、これってVR市場にとって影響が大きいのでは、と個人的には感じているのですが、実際何か影響はあったのでしょうか? 支倉: まずVR機器が売れていますよね。後、VRという単語がみんなの頭に浸透したのも影響のひとつだと思います。 また、制作者側としては、世間の人たちの反応を見やすくなったのも大きいです。 ──反応というと? 支倉: たとえば、VRアニメーション、3Dでアニメーションを作っている人たちは、ポリゴンのめり込みをものすごく気にするんですね。それを修正するのに手間もかかってかかる予算もどんどん増えていって. 。 でもバーチャルYouTuberの方でそんなの気にする人はいないですし、視聴者もそれでみんな楽しんでいて。そういうのって制作者側にいると段々わからなくなってきてしまうので、それらの反応や声を聞きやすくなったのは、バーチャルYouTuberの流行で助かった部分でもあります。 ──先生ご自身の中で何か考えかたが変わった部分はあるんですか? 支倉: じつは変わっていなかった、というのをさきほど【※】ねこますさんとお話していて気づきました。古い考えで見ていたなと.

「狼と香辛料VR」とは 「狼と香辛料VR」とは、「狼と香辛料」の著者である支倉凍砂氏主催のサークルSpicyTailsが製作したVRアニメーションです。 著者自らが、顔の表情や耳と尻尾の動きにこだわったというホロを、VR空間で存分に楽しむことができます。.